FXの現在を検証

2010年8月から、証拠金規制、いわゆるレバレッジ規制が適用されます。その時のことを前提としたFXサービスの導入が、各社とも早急な対応を迫られています。高レバレッジによる過大な損失をあらかじめ防止したり、レバレッジコースを厳選するなどして質の高いFXサービスが大切になってきます。ひとつの手として考えられるのが法人口座で取引をすることです。法人口座なら最大レバレッジが数百倍のところもありますし、税金の面でも有利になる可能性があります。24時間自動売買できる、あるいはシステムトレードでFXに対応している業者の提供している取引システムを使うのもよいでしょう。また無料でダウンロードできるメタトレーダーなら世界的な取引システムですので、自分自身で色々カスタマイズして自動売買してみると面白いです。これらの方法を活用して自分の寝ている時間も有効活用できれば、低レバレッジのデメリットを解消できます。それでも、入れば取引したい方はたくさんいると思います。これまで積極的にレバレッジを効かせて取引を行っていたパワートレーダーは海外FX会社で取引をするか、証拠金率を引き上げるかどちらかの判断をしなくてはならなくなります。

投資家に不利なスプレッドを提供する会社は淘汰されるでしょう。また、いついかなる時でも明瞭な取引コストを提示できるFX会社や、スリッページが発生しない約定力に優れた業者がトレーダーから支持されることになると言われています。

スワップポイントでコツコツ利益を得るには?

FXの取引には色々なやり方があります。裁量トレードやシステムトレード、自動売買、スワップ運用などです。FXはレバレッジが25倍までかけれることができるので、自己資金が少なくても取引が可能です。業者によっては1通貨から取引可能なところも出てきました。

FXは高いレバレッジでの取引ができるので一攫千金を夢見る人も多いのかもしれませんが、あまりお勧めはできません。ロスカットにあってしまっては全てが水の泡になってしまいますから。やはり基本は低レバレッジでの運用とリスク管理をきちんとすることだと思います。

スワップ運用であれば、一度ポジションを作ってしまえばあとは、毎日のスワップポイントをもらい続けるだけです。今の日本は超低金利ですので高金利通貨とよばれる豪ドルや南アフリカランドやNZドルとの金利差はそこそこありますので、スワップ運用が可能です。この運用方法でも絶対に稼げるわけではありません。世の中には絶対などというのは存在しないのです。スワップ運用の基本はやはり低レバレッジでの運用です。

そして一番大切なのは、円高の時に高金利通貨を買っておくことです。豪ドルならば今までの平均レートは80円くらいです。そして史上最安値55.02円です。高値は107.81円です。過去のレートを少しは参考にして80円以下になったらポジションを持つなどの自分なりの戦略を立てる必要があります。あとは史上最安値を更新したとしてもロスカットされないようなポジションの取り方をするべきです。

FXのスワップ金利の基礎知識や初歩的な取引方法を知りたい方はFXスワップというサイトから様々な情報を仕入れることをお勧めします。通貨別のスワップのことや高額スワップ業者を比較できるので大変便利です。

FXの現在を検証
最新FX業者のトレンド
レバレッジ規制後のFX業者はどうなる?

FXの入門情報
FX初心者ならスワップポイントだけを狙うのは注意
FXは、そんなに難しくないです
FX初心者のあなたへ
FXってまず何をすればいいのでしょうか?
FXの初心者さんなら「デモトレード」をお勧めします
FXで使われるレバレッジとは何か